さて、今日は10月最後の日。
明日から11月、いよいよ桶狭間に出陣するのだ~ってことで
桶狭間をより楽しむために
帝国陸軍参謀本部が出した桶狭間戦図を現代地図に乗せてみた。
桶狭間凡例
国土地理院地図 自分で作る識別標高図使用

うむふむ
しかし、こうやって見ると、名古屋はかなり低地だな。
鳴海城、鷲津砦、大高城ラインの西の方は海抜2m以下って・・・あぶなくね???
まあ、桶狭間の戦いの頃、このラインの西は海だったっていうから仕方ないのか・・・

さて、この地図で、城から出ている軍勢は、信長軍2千に対して、今川軍が計1万6千(元康2千は含めず)・・・
あれ?少なくね?
今川軍は全部で2万5千だったとの話だが、残りはどこに行ったのだろう・・・
まあ、いいか・・・

ただ、これだと義元軍3千に対し信長軍2千だから
職業軍人集団の信長軍が半農軍人集団の義元軍に勝っても不思議じゃないな。

しかし、瀬名と義元離れすぎじゃ・・・
沓掛城から大高城に向かっている途中で大雨が降って前後がちぎれてしまったのだろうか・・・
2隊の間は湿地帯っぽかったらしいし、立ち往生してたのかもしれないな・・・

それにしても・・・
信長軍・・・この経路だとせっかく迂回したつもりでも
黄色の丸の所で、朝比奈軍に丸見えじゃ・・・

まあ、見えたところで、義元の所へ向かうのは難しそうではあるが・・・
そもそも、朝比奈が義元の場所を的確に把握していない可能性もあるしな・・・
大高城にいた元康は義元が討たれたという報告を聞いても半日信じていなかったらしいし、
どうしようもないのかもしれないな・・・

ふむ、とは言え、黄色の所で朝比奈から見えたかどうか気になるな・・・
現地で確認してみるか・・・

これに対して、正面突破説は・・・
桶狭間
正面突破説

善照寺砦から中島砦に入って、中島砦から見えている義元を正面攻撃で打ち破ったって話だが・・・

これだと、義元にたどり着く前に瀬名と朝比奈が救援に駆けつけて信長が挟み撃ちになってしまいそうな気がするのだが・・・

う~ん、どうなんだろうね・・・

これは現場を直接目で確認せねばだな・・・

よし!

歩いて桶狭間を巡ろうと思っていたが予定変更だ!

沓掛から黄色ポイント、丹下砦、善照寺、中島、鳴海城、鷲津砦、丸根砦、大高城を巡ってから桶狭間に入ることにしよう。

そうと決まれば、早速スクータの予約をせねば!!!


2023年10月31日(火) 23時


さて、いよいよ、明日は名古屋だな。
明日の朝は早い。
今日は早く寝ねなきゃだ。