異世界の渋谷



今日は朝から普段起きないことが
立て続けに起きた。


玄関を出ると
普段は近寄ってこない
地域猫が
にゃーと鳴きながら近づいてきて
俺の足に頭を擦り付けて来た。

めずらしいな・・・
てか初めてか・・・

俺はこんな時のために
いつも持ち歩いている
猫の餌を分けてやった。
カリカリ
猫は嬉しそうに
カリカリと餌を食べだした。

ここで猫を撫で繰り回したいところだが
朝は忙しい・・・
そのまま駅に向かった。

駅に向かう途中、
誰かに呼ばれた気がした。

当たりを見回すが誰もいない。
天使の羽
不思議に思いながらふと空を見上げると
あれは・・・はね・・・かな・・・?
天使の羽根・・・?
呼びかけたのは・・・天使・・・?
まあ、それは妄想がすぎるか・・・

などと思いながら歩いていると
無性に喉が渇いてきた。

普段はこんなことないのに・・・

猫に水を提供しなかったからか・・・

まあ、それはいいか。
俺は自販機でお茶を買って
ゴクゴクといっきに飲んで
電車に乗った。



渋谷で電車を降りると
無性にトイレに行きたくなった。

こんなこと初めてだ。

まあ、電車に乗る前に
お茶を飲んだからだろうが・・・

まあ、それはいいか。

トイレはどこだ?
渋谷の地下
あっちか!

渋谷の地下
こっちでいいんだよな・・・って

人が少ない・・・
時計を見ると7時40分

いくら渋谷といえど、
朝は人が少ないのか・・・

しかし少な過ぎるような気もするが・・・

まあいいか。

渋谷の地トイレ
トイレはここだ。

渋谷の地下トイレの壁
トイレの壁には犬の写真が飾ってあった。

なぜに犬・・・

それに・・・

4  犬x2  8 って

428(渋谷)って意味なのか・・・

体はすっきりしたけど、頭はもやっとするな(笑)

まあいいか。

そんなことを思いながら外に出ると・・・

渋谷の地下
人っ子ひとりいなかった。

え?
だれもいない・・・

どうしたんだ?

まあ、そういうこともあるか・・・
と思いながら壁を見ると・・・・

渋谷の地図

あれ?

あれれ?

これって渋谷の地図だよな・・・

なんか変だぞ。


HERE BF1
HERE BF1ってある。

これは、ここのことだよな。

なるほど
ここはスクランブル交差点の真下なんだ・・・
ハチ公もいるし間違いない。

ややずれている気もするが・・・
まあ誤差の範囲だろう。

しかし・・・
Imperial palaceってなんだ?
皇居なのか?

ここにハチ公がいるってことは、
こっちは品川・中目黒方面だよな・・・

スクランブル交差点の品川・中目黒方面に皇居ってあったっけ?

どうゆうこと?

宮益坂方面には雷門があるし・・・

道玄坂方面の
The Old Houseってなんだ?
聞いたことない家だな・・・

古屋さんちってことはないよな・・・

HERE BF1
???

渋谷に五重塔なんてあるのか?

Mt. Fuji from the shrine???
富士山神社???
いや、神社から富士山か・・・
まあ、昔は見えたかもしれんが・・・
いまでも見えるのか?
道玄坂を登り切ると今でも見えるのかな?

Sakura river 桜川?

HERE BF1

Fox shrine 狐神社・・・

アザラシがいるし・・・

HERE BF1
まねきねこ寺だって???


どういうことだ・・・


ここってどこだ・・・


ここって・・・

ここって・・・

渋谷だけど・・・


俺が知ってる渋谷じゃない渋谷だ!!!




つまり・・・




異世界ってことか!!!




つ、ついに俺は来てしまったのか!!!


異世界に!!!!


そういえば今日は日常じゃない事がいろいろあったし、


前、渋谷で異世界転生した少女にも合ったし、



渋谷だったら異世界に来ても不思議じゃない!



ひゃっは~


しかし、最近クレカばかり使っていたから
現金をあまり持っていないんだよね・・・
大丈夫かな・・・

そもそも、諭吉さんとか使えるのか???


まあ、いいか。


とりあず、異世界の渋谷に繰り出してみますか!


ハチ公口から出ることにしよう。

しぶ地下
ハチ公口に向かうと

人がちらほら歩いているようになった。

Polish_20221118_194052428
よし、この階段を上れば俺の知らない皇居が見えるはず!


わくわく。



いざ!



しか~し!




渋谷
そこにあったのは普段の渋谷だった・・・


まあ、そんなところだろうな。


しかし、あの地下で見た地図は明らかに異世界。


あの地図があった空間は紛れもなく異世界だったに違いない・・・


こんどまた異世界に迷い込んだら階段の上り方とか工夫してみよう。


次は異世界に行けるかもしれないな。


あっ、
パソコンのデータ整理して、妻にパスワードを伝えておいた方がいいな。


その日のそれからは、特に変わったことのない平凡な一日だった。


ただ・・・

家に入る時、

地域猫がこちらをチラリと見て

ニヤリと笑ったような気がした・・・・



2022年11月17日 木曜日 朝 スクランブル交差点の地下の異世界にて




スクランブル交差点
東京都渋谷区道玄坂2丁目2−1